糖尿病について

病院・医療情報サイト「糖尿病について」


世界○○デー

11月14日って何の日なのか知ってますか?実はこの日は「世界糖尿病デー」なんです。WHOこと世界保健機構によると、糖尿病は地球上では2006年の時点で一億七千百万人にものぼり、2030年にはその倍の人数まで患者数は膨れ上がるだろうとのことでした。日本においても、患者数は多く208年に厚生労働省かが発表した「平成20年患者調査の概況」をみると二百三十七万人くらいの方が糖尿病で治療されているとのことでした。けれど、これは氷山の一角で、日本にいる隠れ糖尿病の患者数は六百八十万人くらいいるのではないかと言われています。また平成十九年度の国民健康・栄養調査においては「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」のを合計すると、全国に二千二百十万人もいると推定されています。世界的にも、日本も例外に漏れることなく糖尿病の患者数は多い。ということですね。

あなどれない糖尿病の死亡者数

また、糖尿病でお亡くなりになる方の数も無視できません。糖尿病による死者数はAIDSのそれと同等くらいで、糖尿病に関連する病気で死亡してしまった例もあわせると、AIDSによる死亡者数よりもはるかに多くなってしまうほどなのだそうです。それほどまでに、現在の地球上では糖尿病にかかっている患者さんの数が多く、わたし達人類に身近な病となっているのです。だからこそ、WHOも11月14日は「世界糖尿病デー」と定め、糖尿病という病気に対する知識の啓蒙と、健康維持の為に様々なアピールをしようとしているのですね。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

足立区の新築一戸建てはネクストの分譲住宅コンシェルジュで決まり

ビルベリーの情報満載のサイトはこれ(URL

アントシアニンの情報満載のサイトはこれ(URL